泌尿器科で尿道炎は治せる? | 新宿の泌尿器科 Q&A

HOME » Q&A » 泌尿器科で尿道炎は治せる?

泌尿器科で尿道炎は治せる?

泌尿器科で治療できる主な病気の1つが尿道炎となっています。
これの症状が出たときなど早めに泌尿器科を利用するといいでしょう。
覚えておきたいその尿道炎の症状ですが、典型的なのは排尿時の痛みです。
排尿したときに痛みを感じた経験がある方はあまりおられないでしょうが、尿道炎になったときはそれが出ることが多いです。
また、尿道炎は男性でも女性でもなることがありますが、男性がなった場合は尿道から膿が出るといった症状が出ることもあります。

このような症状が出たら尿道炎になっている可能性があります。
自分でそれが尿道炎だと判断はできなくても、これら症状は普通ではありませんから病院での治療を考えたいときですね。
そのときにどこの病院に行けばいいかというと泌尿器科となります。

こちらに行くとその診察や治療を受けられます。
まずは詳しく診察が行われることが多いですね。
といいますのも尿道炎が起きる原因は複数あるためです。
これは性病によって起こることが多いのですが、その原因となるのはクラミジアと淋菌があります。
どちらになるかで治療法が変わるため、その尿道炎の原因を特定することは大事なのです。
そのために医師の方で症状の内容や程度をよく確認し、検査を行うことも多いです。
これら尿道炎の原因を調べる検査は尿検査がよく行われます。
患者にとってはそれほど負担の重い検査ではありません。

これら診察や検査を通してどのような原因による尿道炎なのかが判明したら、適切な薬を処方してもらえます。
尿道炎は飲み薬で治療できることが多いですから、患者にとっても比較的負担の軽い治療となります。
ただし、医師から指示されたとおりにその薬を飲んでください。
症状は治まってもまだ完全には治っていないことがあるのです。
そのときに自分の判断で薬をやめてしまうと尿道炎が再発することもあります。
処方される薬によって飲む期間や回数、タイミングなどが決まっていますから、それらをできるだけ守って治療することが大事です。

このように尿道炎は泌尿器科で詳しい診察や治療ができます。
この症状で悩んでいるときは受診してみてください。
なお、尿道炎はご紹介したように性病との関係が強い病気となりますが、たまに性病とは関係なくこの病気になることもあります。
風邪などで体の抵抗力が落ちているときなど、細菌が侵入して尿道炎が起きたりするのです。
このようなケースも含めて泌尿器科では診察や診断、薬の処方をしてもらえますから、ご紹介したような症状で悩んでいるときは受診の上で相談してみるといいでしょう。