泌尿器科でクラミジアは治せる? | 新宿の泌尿器科 Q&A

HOME » Q&A » 泌尿器科でクラミジアは治せる?

泌尿器科でクラミジアは治せる?

クラミジアとはよくある性病の種類の1つです。
これに感染している例も多いわけですが、これの対応は泌尿器科でもできることは多いです。
クラミジアとはどんな性病かというと、比較的わかりにくい性病になります。
なぜかというと自覚症状がまったくないか、非常に軽いことも多いためです。
そのため自分が今性病にかかっていることに気づかず、他人に移してしまう・移されてしまうといったことが多いのです。

もし自覚症状が出たとしたら、男性の場合は排尿時の痛み、尿道のかゆみ、尿道からの膿といった症状が出たりします。
女性の場合は陰部のかゆみ、おりものの増加、排尿時の痛み、不正出血といった症状が出たりします。
そしてどちらの場合も症状は基本的に軽いことが多く、まったく自覚症状がない方もおられます。
しかしクラミジアは性病の1つとなり、治療せずに放置していると症状が悪化し、強い痛みが出たり、他の病気につながったりしますから注意が必要です。
また、長期間治療せずに放置していると男女ともに不妊の原因になりがちですから、早期治療が望ましいのです。

クラミジアの主な感染経路は性行為となります。
たとえ症状はなくても行為をした相手にクラミジアが発覚した場合、自分も感染している可能性が高いですね。
そのときは自覚症状がなくても一度病院で相談するのがおすすめです。
また、クラミジアにかかっている相手と性行為をした方で、なんらかの自覚症状が出てきた場合は症状が悪化している可能性もありますから、やはり早めに病院に行って相談するのがおすすめとなります。

その治療先はどこになるのかといと、候補の1つになるのが泌尿器科なのですね。
性病の対応をしている泌尿器科の場合、クラミジアには対応できる場合が多いです。
こちらは感染者の多い主要な性病の1つになっていますから、病院の方でも対応できる場合は多いですから、性病の対応ができる泌尿器科があればクラミジアの相談をしてみるといいでしょう。

対応の流れはまず検査となり、検査の結果を見て治療開始となる場合が多いですね。
病院に行けば検査の必要性なども問診時に相談できる場合が多いですから、まず医師に相談したい方も一度病院で相談してみるといいでしょう。
クラミジアにかかっていると検査で判明したら治療開始となります。
治療は飲み薬が基本です。
治療負担はあまり重くありませんから、早めに治療を開始すれば比較的早く完治することも多いですよ。
性病に対応できる泌尿器科ならこれらクラミジアへの検査や治療もできますから、心当たりがある方は受診を考えてみてください。