喉頭クラミジアも泌尿器科でいいの? | 新宿の泌尿器科 Q&A

HOME » Q&A » 喉頭クラミジアも泌尿器科でいいの?

喉頭クラミジアも泌尿器科でいいの?

主な性病の1つとなるクラミジアですが、これが出る部位は性器だけではありません。
それが喉に出る喉頭クラミジアという症状もあります。
これはクラミジアとまったく違う性病になるのではなく、同じ病気が喉で感染すると喉頭クラミジアとなるのです。
性病に対応できる泌尿器科ならこちらの対応もできることが多いです。

性病といえば性器が感染部位となることが多いものの、それが喉に出るのはどうしてかというと、口を使ったオーラルセックスもあるためですね。
パートナー同士でこれをやることもあるでしょうし、風俗店では主にこのオーラルセックスを提供している場合もありますよね。
パートナー同士でこの行為をやった方や、風俗店でのお仕事でこの行為をした方など、相手がクラミジアを持っていた場合、その感染部位と口が直接触れ合いますから、喉が感染するわけです。
また、クラミジアはディープキスで移ることもあります。
パートナーなどがもともと喉頭クラミジアを持っていた場合、ディープキスが原因で自分も喉頭クラミジアになることもあるのです。

これに感染すると喉の痛みや腫れ、咳、発熱などが起こることも多く、一見すると風邪をひいたように見えることが多いです。
内科などへ行っても風邪と症状が酷似しているため、風邪と診断されて薬を出されることも多いですが、たとえ病院での処方薬でも風邪薬では喉頭クラミジアの症状は基本的に改善されません。
症状が出ている部位は喉となりますが、これも性病の1つになるため専門的な治療が必要です。

このときに泌尿器科でいいのか、普通の性病以上に迷うことも多いでしょう。
普通の性病なら症状が出ている部位が泌尿器のどこかになることも多いですから、こちらに行くのも自然ですよね。
これが喉頭クラミジアでは喉となり、泌尿器とは特に関係ない部位になりますが、これは泌尿器科でOKです。
もちろん風邪の診察などは基本的に対応できませんが、その症状が風邪ではなく喉頭クラミジアではと思うことがあれば、性病に対応している泌尿器科で診察を受けられます。

診察を受けるとこの病気の検査を受けられます。
喉頭クラミジアの検査はたとえばうがい液の提出となります。
専用のうがい液を渡されますから、それでうがいをしたあとの液を採取物として提出するのです。
それを使って検査を行い、喉頭クラミジアとの結果が出たら、専用の飲み薬を出されますからそれを飲んで治療するのです。
なお、喉頭クラミジアは性器クラミジアに比べて治療に必要な期間が長くなりがちで、医師からは薬を一定期間飲んだ後の再検査を勧められることも多いです。
そのあたりの説明や適切な対応なども泌尿器科で受けられますから、喉がおかしいのは性病かもと思ったときもこちらを利用してみるといいでしょう。