泌尿器科で性病検査はできるの? | 新宿の泌尿器科 Q&A

HOME » Q&A » 泌尿器科で性病検査はできるの?

泌尿器科で性病検査はできるの?

泌尿器科では性病の診察や治療ができますが、この病気については性病検査が重要ですよね。
市販の検査キットなどもありますが、病院を受診するとまずは検査となり、どんな性病にかかっているのかを調べることが多いです。
この検査など性病科ではもちろんできますが、泌尿器科でもできます。

そちらの泌尿器科が性病への対応ができることが前提ですが、それができる病院の場合なら問題ありません。
自分で市販の検査キットなど使い、どんな性病にかかっているのかを調べてから来院するといった必要はありません。
性病かもしれないという不安や、今出ている自覚症状などを診察のときに相談すると、その症状などから医師が可能性のある性病を絞り込んでくれます。
そして必要と判断した性病の検査を行ってくれるのです。

ここでできる性病検査とはどんなものかというと、尿検査や血液検査、うがい液の検査などになります。
女性の性病の場合はおりものの検査となる場合もありますね。
これらを調べるため、それぞれの採取物を提出します。
泌尿器科でこれら検査を受ける場合は方法の指導がありますし、採血の場合は病院側でやってくれますから、難しいことはありません。

採取物を提出したらしばらく待ちます。
検査はその場ですぐにできるのではなく、しばらく結果待ちの時間があります。
この日数はまちまちで、数日で済むこともあれば1週間以上かかる場合もあります。
これは性病検査に一般的に必要な期間です。
泌尿器科の検査だからそうなるわけではありません。
結果が出たら病院にまた結果を聞きにいきます。
医師が結果の説明をしてくれますし、性病だとわかったら必要な治療も開始してくれます。
性病によっては薬を飲むだけで治療できる場合もありますから、そのような性病なら適切な治療薬を処方してくれますよ。

このように泌尿器科でも性病検査ができますから、性病かなと思ったらひとまずこちらの病院に相談してみるといいです。
これら検査にかかる費用ですが、保険適用の泌尿器科なら検査代も含めて保険が適用されますから、診察代含めて3000〜5000円といった費用で検査ができる場合もあります。
実際にかかる費用は検査する性病の種類や数にもよりますが、自費で検査するときよりはずっとお得になることが多いですね。

このように泌尿器科でも性病検査はできますから、性病かなと思ったら相談してみるといいです。
ただし泌尿器科を選ぶ場合はそちらが性病に対応する病院かどうかをよく調べてください。
性病に対応できない泌尿器科の場合はこれら検査も難しくなりますから、性病に対応できる病院を選んでくださいね。