Q&A についての記事一覧 | 新宿の泌尿器科 Q&A

HOME » Q&A

Q&A

泌尿器科でよく処方される薬一覧

泌尿器科とはどういう診療科目なの?

泌尿器科に関しては、内科や皮膚科や耳鼻科に比べて利用頻度が低いですよね。

しかし、年齢を重ねてくればくるほど、実は泌尿器科への相談も多くなります。

代表的な相談内容としては、頻尿など毎日の生活で悩むことが多いと言われています。

泌尿器科ではその名前からわかる通り、泌尿器に関する悩みを解消してくれます。

泌尿器科で治せる症状の多くは、性器や膀胱など下半身にある器官が多いですね。

実際に診療科目としてはマイナーかもしれませんが、利用する人は利用します。

例えば、年齢を重ねずとも性に関することで相談するという人は多いですね。

泌尿器科でよく処方される薬一覧 ≫ Click

泌尿器科薬のベタニスが効く症状

泌尿器科で治せる症状

泌尿器科とはよく聞くものですが、どのような症状を治してくれるのでしょうか。
主に泌尿器科では排泄器官などを中心に治療を行うことができます。
性器はもちろん、膀胱などを含めた泌尿器関連に出た症状を治すことができます。
性病などはもちろんですが、もっと軽い症状にも対応していて「おしっこの頻度が多くなった」「下腹部が痛い」というものでも診察することが可能です。
ただ、泌尿器科で治せることには限りがあり、風邪などは治せません。
それこそ骨折などを治すこともできないので、そこは注意が必要となります。
あくまでも泌尿器科で診てくれるのは泌尿器に関する病気だけだと思ってください。
医師も泌尿器に対しての知識はありますが、その他の知識は乏しいこともあります。
まずは専門的に診てくれる医師を見つけ、泌尿器の相談をしてみてください。
泌尿器科薬のベタニスが効く症状 ≫ Click

泌尿器科で治せる男性の性病

男性がなっていまう性病

男性は性器が体外に突出しているということもあり、性病になるリスクも大きいです。

女性と比べても男性が性病になるリスクは意外と高く、むしろ女性よりも性病に悩むという人がいたりするほどです。

そんな男性がなってしまう性病と言えば、クラミジアなどが代表的です。

クラミジアになると尿道が炎症を起こす他、前立腺炎や副睾丸炎になることもあります。

その他、男性でも尖圭コンジローマになったり、性器ヘルペスになったりします。

さらには淋病となることもあるなど、意外にもなってしまう性病は多いです。

そこは男性も気をつけておくことが必要です。

パートナーからの感染もある他、実は単体で発症するということもあります。

だからこそ、より性病には気をつけておくことが必要となります。

男性は女性に比べて性器も丈夫に見えますが、感染症はまた別の話です。

男性の性病の治療

男性の性病に治療としては、検査を行って薬を使っていくのが一般的となっています。

性病によっては数週間もあれば治療することができるものもあります。

ただ、男性の性病は放置する人も多く、症状が悪化しているということもあるでしょう。

そうなると、治療は最大で数ヶ月かかってしまうこともあるので注意しましょう。

なお、性病が進行したままにしておくと、男性の不妊症になることもあります。

女性に比べて身体的な影響は少ないですが、それでも不妊は女性だけの問題ではないです。

男性が性病になれば、それを治療するために泌尿器科への相談が必要となります。

泌尿器科では男性の治療も積極的に行っており、早い人であればすぐに治ります。

性病は恥ずかしいということもあるかもしれませんが、誰でもなる病気です。

むしろパートナーがいてこそなので、ぜひまずはしっかり検査して治療をしましょう。

男性医師がいる病院

男性が性病になった時、女性医師に見られるというのは恥ずかしいですよね。

やはりそこは同性の医師の方が相談もしやすいかと思います。

近年はそこもしっかり区分けしており、女性には女性医師、男性には男性医師となっているので、あまり恥ずかしがる必要はありません。

それよりも治療をしっかり進めないと悪化するので、的確に治療してください。

信頼できる医師であれば、すぐに治療してくれるかもしれません。

まずは相談してみて、自分の症状を診察してもらい、治療に入っていきましょう。

そこで何かわからないことがあるのなら、積極的に聞いてみてください。

泌尿器科で治せる女性の性病

女性がなっていまう性病

女性はパートナーとの性交渉などによって、性病になることがあります。

しかし、性病とは言ってもそれぞれの病気によって症状も違ってきます。

性病は誰でもなるものなので、パートナーによっても変わってくることがあるのです。

そのため、定期的に性交渉をするという人は、性病になっていないかどうかの確認も必要。

それらの検査に関しては泌尿器科で行ってもらうことができます。

女性がなってしまう性病としてはクラミジアなどがとても多いと言えるでしょう。

ただ、それだけではなく尖圭コンジローマや性器ヘルペス、淋病などもあります。

これらの性病は女性にも多いので、定期的な性交渉には要注意です。

もちろん、誰もが発症するリスクを持っているため、そこは注意が必要となります。

泌尿器科で治せる女性の性病 ≫ Click

泌尿器科で治せる性病と検査

泌尿器科で性病は治せる?

性病になってしまった時、とてもショックが大きいのはもちろん、困惑すると思います。
まず頭に浮かんでくるのは「どうやって治せば良いのだろう」ということですよね。
ただ、先に行っておきますが、ほとんどの性病は的確な治療で治すことができます。
性病に関しては症状も人によって違ってくるので、一概には言えません。
しかし、多くの性病はすでに治療法も確立され、泌尿器科などで治せます。
専門の泌尿器科があれば、まずはそちらに相談してみると良いのではないでしょうか。
泌尿器科では診察をしてくれることはもちろん、ちゃんと検査もしてくれます。
それらの検査についても熟知しておけば、何も怖いことはありません。
性病になるということは、少なくとも原因があるので、その原因を解消しましょう。
できれば理由を考えてみて、パートナーとも治療を進めることが必要となります。
泌尿器科で治せる性病と検査 ≫ Click

尿道の診察

尿道の診察

男性は尿道が長く、ここで炎症が起きるというトラブルも起こります。
このときはその尿道の症状について病院で診察を受けるといいでしょう。
どこの病院でその診察をやっているのかというと、泌尿器科です。
内科に比べるとあまり利用する機会がない病院に思えるかもしれませんが、尿道に関するお悩みは泌尿器科が専門となっています。
尿道の診察 ≫ Click

泌尿器科と腎臓の診察

泌尿器科での腎臓の診察

腎臓は体の機能を保つための大事な臓器ですが、こちらに何か異常が起きても自覚症状が少ない場合があり、症状が出たときにはかなり病状が進んでいる場合もあります。
そうならないよう早めに腎臓の診察を受けたいところだと思いますが、これは何科に行くべきなのか、あまりイメージがわかないかもしれません。
これは泌尿器科でOKとなります。
腎臓の診察を受けたいときは泌尿器科の受診を考えるといいでしょう。
泌尿器科と腎臓の診察 ≫ Click

膀胱の診察

膀胱の診察

膀胱にトラブルや異常が起こることもあるのですが、それは泌尿器科で診察が受けられるのか、不安もあるでしょう。
あまりイメージがないかもしれませんが、泌尿器科で膀胱の診察は受けられます。
この病院は何を見ているのかというと、主に尿の通り道の診察をしているのです。
膀胱は尿の通り道の一つですから、泌尿器科が対象としている臓器の一つになっています。
なにか困ったことや悩みがあれば泌尿器科で診察を受けられますから、実際に症状が出ているときには利用してみるといいです。
膀胱の診察 ≫ Click

男性と女性の泌尿器

泌尿器とは

泌尿器科が診ているのは泌尿器となるのですが、なんとなく泌尿器科とは男性向けの病院のイメージもあるかもしれません。
しかし泌尿器とは男性だけにあるものではなく、女性にもあります。
そのため泌尿器科は男性でも女性でも利用する機会のある病院です。
男女両方にある泌尿器となるのが、腎臓、膀胱、尿道です。
泌尿器とはそもそも何かといったら尿に関係する臓器なのです。
これは当然男女の区別なくありますし、そこが不調に陥ることもあります。
そのようなときは泌尿器科を受診してください。

そして泌尿器には男性にだけある臓器もあります。
男性の生殖器、たとえば前立腺なども泌尿器に含まれます。
こちらが病気になることもありますから、そのときは泌尿器科でその診察や治療ができるのです。
泌尿器科が何となく男性向けの病院とのイメージがあるのはこれのせいかもしれません。
男性だけが持つ生殖器の異常や病気、それらに備えての早期診察や検査など受けたいときも泌尿器科が受診先となります。
このように泌尿器科は男性だけにある臓器も診ていますが、男女の区別なくある臓器も診ているため、女性でも利用できる病院です。

男性でよくある病気は?

泌尿器科は実際に泌尿器のどんな病気の診察や治療が行われているのでしょうか?
男性の場合、よくあるのは尿道炎です。
尿道炎とは尿道で起こる炎症で、原因は細菌となります。
いわゆる性病となる場合もありますし、それとは関係ない雑菌が侵入することでも尿道炎は起こります。
このときは排尿時の痛みや違和感、尿道のかゆみ、不快感、膿といった症状が出るのですが、このときにどこの病院に行くべきかというと、泌尿器科が主な受診先となります。
このほか、男性の場合は前立腺の異常や病気も、泌尿器科でよく診察や治療が行われます。

女性でよくある病気は?

女性の泌尿器でよく起こり、泌尿器科でもよく診察や治療が行われているのは、たとえば膀胱炎です。
女性は尿道が短いために膀胱に細菌が入り込みやすく、それが原因で炎症が起こることがあります。
これが起こると排尿時の痛み、頻尿、残尿感、尿の混濁など、いろいろな不快な症状が現れます。
この症状で悩んでいるときは泌尿器科が相談先の一つとなります。

男性でも女性でも泌尿器科は利用OK

ご紹介したように泌尿器は男性でも女性でも持っているもので、そちらに異常が起こることもあります。
なにか異常を感じたら泌尿器科の利用を考えてみてください。

性病の診察科

性病になったらどこへ行くべき?

性病かもと思ったらどこの病院に行けばいいか、あまり性病の経験がない方など迷いますよね。
とにかく病院で聞けばいいとは思っても、性病のことが恥ずかしくてあまり関係ない場所では言いたくない方も多いでしょう。
性病になったらこれを診られる診察科へ行くといいです。
一番確実なのは性病科です。
これは性病を専門としている診療科目ですから、ここでなら性病をまず診られます。
病院としても性病患者を基本的に想定していますから、ここでならあまり恥ずかしさも感じずに済むでしょう。
性病の診察科 ≫ Click