Q&A についての記事一覧 | 新宿の泌尿器科 Q&A

HOME » Q&A

Q&A

男性と女性の泌尿器

泌尿器とは

泌尿器科が診ているのは泌尿器となるのですが、なんとなく泌尿器科とは男性向けの病院のイメージもあるかもしれません。
しかし泌尿器とは男性だけにあるものではなく、女性にもあります。
そのため泌尿器科は男性でも女性でも利用する機会のある病院です。
男女両方にある泌尿器となるのが、腎臓、膀胱、尿道です。
泌尿器とはそもそも何かといったら尿に関係する臓器なのです。
これは当然男女の区別なくありますし、そこが不調に陥ることもあります。
そのようなときは泌尿器科を受診してください。

そして泌尿器には男性にだけある臓器もあります。
男性の生殖器、たとえば前立腺なども泌尿器に含まれます。
こちらが病気になることもありますから、そのときは泌尿器科でその診察や治療ができるのです。
泌尿器科が何となく男性向けの病院とのイメージがあるのはこれのせいかもしれません。
男性だけが持つ生殖器の異常や病気、それらに備えての早期診察や検査など受けたいときも泌尿器科が受診先となります。
このように泌尿器科は男性だけにある臓器も診ていますが、男女の区別なくある臓器も診ているため、女性でも利用できる病院です。

男性でよくある病気は?

泌尿器科は実際に泌尿器のどんな病気の診察や治療が行われているのでしょうか?
男性の場合、よくあるのは尿道炎です。
尿道炎とは尿道で起こる炎症で、原因は細菌となります。
いわゆる性病となる場合もありますし、それとは関係ない雑菌が侵入することでも尿道炎は起こります。
このときは排尿時の痛みや違和感、尿道のかゆみ、不快感、膿といった症状が出るのですが、このときにどこの病院に行くべきかというと、泌尿器科が主な受診先となります。
このほか、男性の場合は前立腺の異常や病気も、泌尿器科でよく診察や治療が行われます。

女性でよくある病気は?

女性の泌尿器でよく起こり、泌尿器科でもよく診察や治療が行われているのは、たとえば膀胱炎です。
女性は尿道が短いために膀胱に細菌が入り込みやすく、それが原因で炎症が起こることがあります。
これが起こると排尿時の痛み、頻尿、残尿感、尿の混濁など、いろいろな不快な症状が現れます。
この症状で悩んでいるときは泌尿器科が相談先の一つとなります。

男性でも女性でも泌尿器科は利用OK

ご紹介したように泌尿器は男性でも女性でも持っているもので、そちらに異常が起こることもあります。
なにか異常を感じたら泌尿器科の利用を考えてみてください。

性病の診察科

性病になったらどこへ行くべき?

性病かもと思ったらどこの病院に行けばいいか、あまり性病の経験がない方など迷いますよね。
とにかく病院で聞けばいいとは思っても、性病のことが恥ずかしくてあまり関係ない場所では言いたくない方も多いでしょう。
性病になったらこれを診られる診察科へ行くといいです。
一番確実なのは性病科です。
これは性病を専門としている診療科目ですから、ここでなら性病をまず診られます。
病院としても性病患者を基本的に想定していますから、ここでならあまり恥ずかしさも感じずに済むでしょう。
性病の診察科 ≫ Click

泌尿器科と婦人科の違い

泌尿器科と婦人科

新宿にはいくつも泌尿器科があり、泌尿器のお悩みの相談ができます。
泌尿器とは尿に関係する臓器で、腎臓や膀胱、尿道などです。
これら臓器の病気を診ているほか、泌尿器科では男性の生殖器も扱っていることが多いです。
このような病院になるため、排尿時の痛みやかゆみ、違和感、頻尿、尿漏れといった多くの症状を診ているのですが、これらは婦人科でも相談できることが多いです。
女性にとっては泌尿器科と婦人科のどちらを選んでも対象の症状を治せる場合があるのですが、これら病院の違いは何でしょうか?
泌尿器科と婦人科の違い ≫ Click

東京の内科の口コミ

20代男性の口コミ

東京に上京して内科にかかると、とにかく人が多くて待たされることが多いのがストレスでした。
待合室で待たされているうちに症状が悪化したように感じたこともあったくらいです。
でも最近、東京でいい内科を見つけました。
先生が何人もいる病院で待ち時間が短いんです。
わりと近所の病院なので具合が悪いときはここで診察を受けてます。
東京にもこういう待たされない内科があるんだと知って、とても助かってます。

20代男性の口コミ

地方出身で今は東京に住んでいるんですが、こっちの内科を利用して思うのはすごく利用しやすいってことです。
主要駅のすぐそばに病院があったり、田舎の病院ならまずやってないような時間帯でも開いてたりします。
とくに夜間診療助かりますね。
仕事が終わったあとでも普通に間に合ったりします。
そのおかげでちょっと具合悪いなと思ったら仕事帰りに軽く寄ったりもできるんです。
こっちの内科の方が使いやすいなと思いますね。

30代男性の口コミ

東京は忙しい人も多いので、それを意識してるのか、東京の内科は待たされにくい仕組みがある内科があって、そういう病院を中心に利用しています。
仕方ない面もあるとは思いますが、以前に利用した内科で2時間近く待たされたのには閉口しました。
患者の時間にもかなり配慮してくれる内科を選ぶようになってから1時間以上待たされた経験はあまりしていません。
そういうところはすごく助かると思っています。

30代女性の口コミ

東京の内科はとにかく人が多くて予約を推奨されている病院も多く、急に具合が悪くなったときにすぐ診てもらえる病院がないというイメージをもっていたんです。
でもそれは間違いで、同僚からいい内科を教えてもらってからそちらを主に利用しています。
その内科はそもそも予約をやっていないですし、それでいてなるべく待ち時間のないように配慮もしてくれます。
急に具合が悪くなったときにも使いやすい、すごくいい内科で気に入っています。

40代女性の口コミ
内科では生活習慣病のお薬をもらっているので定期的に利用するのですが、待ち時間がとにかくストレスでした。
仕事もあるし、時間がないのに定期的に通院が必要になり、そのたびに長時間待たされて非常に困っていたのです。
ただ探してみると東京には忙しい方に向けた内科もあり、そちらを利用すればかなり待ち時間を短縮できたのです。
偶然職場の近くにある内科でしたので、仕事の昼休みの間に薬を補充するといったこともできるようになりました。
大変助かっています。

泌尿器科で性病検査はできるの?

泌尿器科では性病の診察や治療ができますが、この病気については性病検査が重要ですよね。
市販の検査キットなどもありますが、病院を受診するとまずは検査となり、どんな性病にかかっているのかを調べることが多いです。
この検査など性病科ではもちろんできますが、泌尿器科でもできます。
泌尿器科で性病検査はできるの? ≫ Click

喉頭クラミジアも泌尿器科でいいの?

主な性病の1つとなるクラミジアですが、これが出る部位は性器だけではありません。
それが喉に出る喉頭クラミジアという症状もあります。
これはクラミジアとまったく違う性病になるのではなく、同じ病気が喉で感染すると喉頭クラミジアとなるのです。
性病に対応できる泌尿器科ならこちらの対応もできることが多いです。
喉頭クラミジアも泌尿器科でいいの? ≫ Click

泌尿器科でエイズは対応できる?

エイズといえばかなり深刻な性病というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
非常に感染力が弱いために感染する恐れはそれほどないのですが、性行為などを通して移る可能性があります。
もしこのエイズにかかったかもしれないと思ったらどこの病院に行けばいいかというと、性病に対応できる泌尿器科がその受診先の1つとなります。
泌尿器科でエイズは対応できる? ≫ Click

泌尿器科でクラミジアは治せる?

クラミジアとはよくある性病の種類の1つです。
これに感染している例も多いわけですが、これの対応は泌尿器科でもできることは多いです。
クラミジアとはどんな性病かというと、比較的わかりにくい性病になります。
なぜかというと自覚症状がまったくないか、非常に軽いことも多いためです。
そのため自分が今性病にかかっていることに気づかず、他人に移してしまう・移されてしまうといったことが多いのです。
泌尿器科でクラミジアは治せる? ≫ Click

泌尿器科で尿道炎は治せる?

泌尿器科で治療できる主な病気の1つが尿道炎となっています。
これの症状が出たときなど早めに泌尿器科を利用するといいでしょう。
覚えておきたいその尿道炎の症状ですが、典型的なのは排尿時の痛みです。
排尿したときに痛みを感じた経験がある方はあまりおられないでしょうが、尿道炎になったときはそれが出ることが多いです。
また、尿道炎は男性でも女性でもなることがありますが、男性がなった場合は尿道から膿が出るといった症状が出ることもあります。
泌尿器科で尿道炎は治せる? ≫ Click